【田作りの由来・語源】3分で分かる!おせちに入れる意味を解説

食べ物

こんにちは。由来系ライターのSAITOです。
今回のテーマは田作りです。

 

スポンサーリンク

田作りの由来・語源:豊作の願いを込めて

田作りとは、かたくちいわしの幼魚を干したもの、これを乾煎りして、さけ・砂糖・みりん・しょうゆを一煮立ちさせてからめた料理のことです。ごまめとも呼びます。

 

この田作りの由来・語源には諸説があります。

 

  • (かたくちいわしが)田んぼの肥料に適していることに由来する説『大言海』
  • かたくちいわしを田植えの祝肴(いわいざかな)としたことに由来する説『たべもの語源辞典』
  • 農家が豊作の縁起として始めた説『日本料理語源集』
  • 田の神に供えた説 『日本料理由来事典 上』

 

3番目の説の「祝肴(いわいざかな)」とは、祝いの席で出される酒の肴(おつまみ)のことです。

また、4番目の説の田の神とは、稲作の神様のことで、春にやってくると信じられてきました。彼の座する木が「桜」となります。

 

【桜の語源・由来】実は名前に適さない?由来系ライターが解説
桜の語源・由来は「田んぼの神様が宿る木」です。桜は「美しい」「奥ゆかしい」「人気がある」という印象を持つと思いますが、実は名前に適していないという方も。今回はそんな桜の由来・語源を詳しく解説していきます。

 

いずれの説にせよ、田んぼの豊作に関係していることは共通しています。元々は田んぼの豊作を祈る縁起の良い食べ物だったのです

 

ごまめの由来とおせちに入っている理由

 

田作りは「ごまめ(五万米)」と呼ばれていますが、こちらの由来・語源は明らかになっていません

 

ただ、

 

  • 「まめ」には健康・達者という意味があり、そのような願いを込めた
  • 「まめ(真面目)に暮らせるように」という願いを込めた

 

このような意味合いで正月料理に取り入れられたとされています。

 

SAITO
SAITO

かたくちいわしを田んぼの肥料としたところ、五万俵もの大豊作となったため「五万米」転じて「ごまめ」となった説もあります。面白いですね。

 

【「おせち」の由来】由来系ライターが簡単にご紹介!【まとめ】
こんにちは。由来系ライターのSAITOです。 今回のテーマは正月に食べるお祝いの料理「おせち料理」の由来といわれです。 「おせち」の由来:「御節供(おせちく)」から おせちのルーツは、「五節句」のタイミングで神に供える...

 

食べ物
スポンサーリンク
シェア(アウトプットして記憶に残そう!)
SAITOをフォローする
由来タイム
タイトルとURLをコピーしました